第7ほっとらいん

伝えたいことがマッチングしたらいいよね。

【ひな祭り】ひな祭り関連のいろいろ

f:id:BRNKmf:20210226180517p:plain

今週のお題「雛祭り」
こんにちは。ぐるいです。

今回は季節感のある記事シリーズということで(そんなシリーズはない)ひな祭りのお話をします。

管理人:季節感、ダイジデス。ワタシ、記事カキマス。

フルストップ:ストックの安定感を求めた者の末路です

ひな祭りの思い出

ひな祭りといえば、もしかしたらお祝いする家庭しない家庭があるかもしれませんが、おそらく一度はお祝いのシーンに遭遇したことがあるはず。

私も小さい頃はお祝いムードに乗ったものでした。

 

ひな祭りのメインといえば雛人形

とはいえ、最近の家では、雛人形を買っていない家もあるのではないでしょうか。

うちは買っていないタイプの家でした。

管理人:雛人形、お店でしか見たことないです

チルダ異世界人は存在すら知らないぞ

管理人:唐突なキャラアピールはびっくりしますからやめましょう

そこで、一度雛人形を自分で作ったことがあります。

幼稚園で折り紙等で作る人も多いと思いますが、私の場合、手持ちの人形に折り紙で服を着せて撮影していました

f:id:BRNKmf:20210226175351p:image

管理人:よく手の込んだことしたよなぁと今は思います。

そして、「ひな祭りが終わる前に片付けないと大変なことになる」と聞いて慌てて崩した思い出も。

 

ひなあられのトラップ

ところで、私はこの時期、年齢は気にせず()ひなあられをよく買って食べます。

ひなあられって甘くて美味しいですよね。

管理人:なんか四国の…どっかのあの、お土産に似てます。

フルストップ:思い出してから発言して?

 

しかし、たまにひなあられに文句を言いたくなる時があります。それは…

管理人:時々入ってるあられに扮した謎の大豆、どうにかなりませんかっ!?

フルストップ:子供か!!!!

 

…はい。

本当にあれはなんなんでしょう。どうして甘くてふわふわならいいのに、時々豆が混じるんでしょうか。

節分と言い、これといい、日本文化って豆をプッシュしまくってますよね。

まあまあいい大人なので普通に食べるんですけどね。

 

まとめ

年中行事は、いかなる時であっても、地域や家庭の時間の区切りとして、メリハリとして、そして大切な思い出として重要です。

なので、こんなご時世ではありますが、今年もたくさんの子供達がひな祭りを楽しく過ごせるといいな、と切実に思います。

管理人:そしてひなあられに紛れる大豆さんはもう少し自粛してください。

フルストップ:君は大豆に文句を言うのを自粛したまえ。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。それでは、また。